ロシアW杯より藍をこめて

サッカー日本代表・ロシアW杯への道程・藍は日本代表ユニフォームの色をイメージ
0

Act.5 【技は力の中にあり】

キリンカップのハイチ戦。
前半20分過ぎまでハイチはただ成り行きを眺めているだけのように見えた。日本がボールを持ってもプレッシャーに行かないし守備はスカスカ。時差ぼけなのか実力なのか、ニュージーランドの方がよほど上に見えた。

ところが28分に1点を返すと、それで目を覚ましたように個人技で攻め立て、ついには2点差をひっくり返した。それは、日本がごちゃごちゃと緩いパスを回していたのに対し、ハイチは素早くFWにボールを入れ、個人の力で「ドン!」という感じだった。日本の方が細かいテクニックは上のように見えたが、点を取ってからのハイチは力強さと怖さがあった。まるで、細かい技が力でねじ伏せられたかのように感じた。極真空手の創始者、大山倍達氏が「技は力の中にあり」といった言葉を思い出した。パワーを伴わないテクニックなど意味がないのだろうか。とにかく日本には「力強さ」や「勝負強さ」などの「〇〇強さ」というものが足りない気がする。ハイチがベストコンディションなら、かなりやばい試合になったかもしれない。

気になったのはやはり相手に引かれたときだ。メンバーが変わってもそのあたりの問題は同じだった。攻撃のボキャブラリー不足。まあこれは今に始まった事ではないが、やはり個人で相手を跳ね飛ばすようなドリブル突破ができる選手が出現するのを待つしかないのだろうか。

それにしてもハリルホジッチ監督は何を怒っていたのだろう。試合後、「酷い試合」という言葉を盛んに口にしたが、スタメンのほとんどを入れ替え、今まで組み合わせたこともないメンツで戦ったのだから結果はある程度覚悟していたはずだ。いくら「使っていない選手を試す」といっても、全く変えてしまったのでは戦術の浸透も何もないのではないか。軸を変えずにサブを試すのが普通なのだろうと思うが。そういう意味では、ハリルホジッチ監督がこの試合で何をやりたいのかさっぱり分からなかった。新しい選手が2点取っただけでも収穫と見るべきか。まあ、世界一貧しいと言われている国が経済大国といわれている国にアウェーで引き分けたのだから、その国のサッカーと経済力は無関係だという事が証明されたことだけは確かだろう。

来月、ブラジル、ベルギー相手にどういう試合をするのか、少し怖くなってきた。



にほんブログ村


にほんブログ村



スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する