FC2ブログ

ロシアW杯より藍をこめて

サッカー日本代表・ロシアW杯への道程・藍は日本代表ユニフォームの色をイメージ
-

Act. 27 【決勝トーナメント進出にあたり、最高の状態を手に入れた日本代表】

事実は小説より奇なり。思わずこのベタな言い回しを使いたくなるようなグループリーグだった。漫画でもこんなストーリーは描かないのではないか。全く笑えるくらい想像の範囲外だ。そんな試合が3試合も続いた。

いきなり相手が10人となったコロンビア戦。先制され、追いつきまた点を入れられ、そしてまた追いついたセネガル戦。そして、「負けられない戦いがそこにある」というテレビ局が使うチープなコンセプトを見事にぶち壊したポーランド戦。負けてもOKな試合があったとはね。

このポーランド戦で日本が最後の十数分間行ったプレーに関しては、相変わらずの韓国を筆頭に国内外から非難の嵐である。しかし、これは主観の問題だ。僕も他国がこのような試合をしたら文句を言ったかもしれないが、我が日本代表の事となるといきなり意見は180度変わってくる。

『グループリーグは3話完結の物語。ルールが許す範囲で総合的に考え、最大の結果が出るように博打を打ち、そして成功した。何が問題なのだろう。この様な采配した監督の度胸に感服する。そもそも、やれ時間稼ぎだやれシミュレーションだと、勝つために手段をいとわないような連中に言われたくない。特にグループリーグで1番イエローカードが多かった国には。スポーツマンシップを語るなら、まず自分たちを鏡で見てみろよと言いたい。やはり狩猟民族は常に戦いを見たいのだ。彼らに、農耕民族の「周りの状況をよく見て、長い目で最善の方法を考える価値観」は分からないだろう。その場が良ければ全て良し、というものではない。子供に「いい試合だった」と言えないだと?何をかいわんやだ。勝つために前に出るだけが人生の全てではない事の良い教訓になる、教育上最も素晴らしい試合だったではないか…』

という具合に。

もっとも試合内容に関しては、交代メンバー同士の連携もチグハグで守備もハマらず、どちらかと言えばいつもの負けパターンに近かった。要するに決して褒められた内容ではなかった。しかし、主力を休ませることが出来て、しかもそれほどハードな試合でもなかったので、日本は考えうる1番良い状態で決勝トーナメントに進むことが出来たといえる。過去にグループリーグを突破したときとは明らかに状況が違う。

ベルギーには、もしかしてデオンティ・ワイルダー(現WBCヘビー級チャンピョン)さんですか?と思わず問いたくなるような、ルカクという怪物FWがいる。アザールもいる。デブライネ、メルデンス…とスター選手揃いだ。まさか今大会でこういう国とガチンコの試合を見られるとは感慨深い。グループリーグ同様、僕らの想像を超えた展開を期待したい。



にほんブログ村


にほんブログ村




スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。