ロシアW杯より藍をこめて

サッカー日本代表・ロシアW杯への道程・藍は日本代表ユニフォームの色をイメージ
-

Act.19 【監督が代わっても、いつか見た日本代表だった】

ガーナとの親善試合。西野監督は新しいやり方で選手を鼓舞し、日本が持っている良さが前面に出るように苦心していた。しかし、結局この試合で改めて分かったことは、W杯において日本には2点取られたら3点取り返すというサッカーは不可能という事だ。攻撃の展開は良かったようにも見えるが、ガーナは前日来日したばかりでコンディション不良。その上、親善試合気分なのか、プレスのスピードも当たりもユルユルだった。その相手に、パスだけ繋ぎシュートは外しまくって点は取れず、結局守備のミスで失点。これは過去何度も繰り返してきたことだ。こういう事を打開する為に外国からそれなりの監督を招聘したはずだった。何かを根本的に変えるために。

このサッカーでは、コロンビアに猛スピードで隙間を突かれるのが目に見える様だ。ボールさえ持たせてもらえないだろう。まあコロンビア相手に同じサッカーで臨まないとは思うが、だったら何故今これをやるんだという話になる。W杯では守って守って守り抜いて、隙あらば速いカウンターで得点を奪うサッカーしか勝つチャンスは無いのかもしれない。つまり相手が前掛かりにならなければ得点はノーチャンスだ。それをするには、まず強固な守備が不可欠だ。格上に先制され、引かれてしまえば勝つチャンスは殆どない。弱者の戦い方を身につけなければ世界では勝てない。

ハリルホジッチはリアリストなのだろう。ボールポゼションにも日本らしいサッカーにもまるで興味がない様に見えた。日本サッカーに何かを残そうとか、面白いサッカーをやろうなどとは微塵も考えていない。恐らく、日本代表という持ち駒を用いて、W杯でいかにして相手から勝ち点をあげるかしか頭になかったのだ。当然、代表サッカーの娯楽性は失われるが、W杯でそれが味わえる期待感は、少なくとも今よりはあった。今更タラレバは意味ないが。

まさかもう監督は変えないと思うので、西野監督には代表をワールドカップ仕様にしてもらうしかない。しかし過去を振り返ると、本番前に勝てない方が逆に本番で良い成績を残しているので、そうなる可能性を信じたい。



にほんブログ村


にほんブログ村


スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。