FC2ブログ

ロシアW杯より藍をこめて

サッカー日本代表・ロシアW杯への道程・藍は日本代表ユニフォームの色をイメージ
-

Act.17 【日本代表監督は今後も日本人になるのか】

ガーナ戦に向けた27人の選手発表の時、西野監督はGK以外ポジションを書かないで欲しい、みたいなことを言ってポリバレントを重視したことを強調していた。中島を外した理由もそれであるという。このメンバー選考を見て「有名な人は外されないんだね。大谷さんは入ってないの?」と嫌味を言う女性もいる。僕の娘だが。NHKでは山本昌邦さんがハリルホジッチは「戦術ありき」だったが、西野さんは「選手ありき」の考え方だと述べていた。

「選手ありき」ということは、我らがサッカーになるという事か。この際だから勝ってもらえればどうでもいいか。一つ言えることは、どういう選手が選ばれるにしろ、今の時期はグループリーグで対戦する相手にどの様に対峙するかの戦略的ディティールを詰める時期だという事だ。大雑把なチームコンセプトなどを述べている時期はとっくに過ぎている。しかし、スカウティングという意味では、この時期の監督交代も悪いことばかりではない。相手国にとっては「今までのスカウティングは何だったんだ!」という事になるのかもしれない。まあ日本相手ではそれほどの問題ではないのかな。とにかく西野監督には、「結局、本田や香川をW杯に出させたかっただけ…」等と言われないような采配を期待したい。

そういえば、田嶋サッカー協会会長は「ロシアW杯以降も代表監督は日本人で」という意向であるという記事を何かで読んだ。今後は国際経験豊かな外国人監督が日本代表を率いることが無いという事になるのだろうか。

戦術やコンセプトが「独りよがり」にならない為には、絶えず世界と接することが重要だ。日本を含め、アジアが世界に勝てないのは地政学的不利が大きな原因の一つである気がしてならない。強豪国と本気で戦う機会が無ければ世界との差も分からないし、例えば守備の文化も根付かない。欧州や南米の中堅国が持つ強かさ、しぶとさは、予選に強豪国がいるからに他ならない。サッカー弱小国である日本は、そこで経験値を積んだ名将にまだまだ学ぶべき時期だろう。

次の4年間を日本人が監督をすることにより、妙なバランス感覚、つまり「忖度」をコンセプトにしたチームができないように祈るばかりである。



にほんブログ村


にほんブログ村



スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。