FC2ブログ

ロシアW杯より藍をこめて

サッカー日本代表・ロシアW杯への道程・藍は日本代表ユニフォームの色をイメージ
0

Act.14 【「日本らしさ」を体現したなでしこジャパン】


AFC女子アジアカップ決勝戦・日本対オーストラリア。試合内容は、2011年のW杯で優勝した時の決勝戦、対アメリカを彷彿させた。ワイドに展開し、強いフィジカルとスピード感あふれる攻撃を展開するもなかなか点が取れないアメリカに対し、少ないチャンスをものにした日本。今回のオーストラリア戦もまさにそんな展開だった。

それにしても、相手チームにとって「なでしこジャパン」というのは本当に嫌なチームではないだろうか。とにかく運動量が豊富で、しかも最後までそのペースが落ちない。フィジカルが強い相手に対して足元で負けることは多いが、ボールを失っても決して諦めず最後まで追っていく。前線の選手もよく守備をするし、プレッシャーをかける。あまり多くないチャンスをギリギリのプレーでシュートまで持ち込む。前線には攻守に走り回り、抜群のテクニックを持つドリブラーの岩渕が、そして後半疲れが溜まった頃に入って来る決定力抜群の横山がいる。両者とも相手にとっては怖い存在だ。特に岩渕の運動量、献身的ともいえる攻守での活躍は素晴らしい、の一言だった。

準決勝、決勝でのなでしこジャパンの戦い方を見ていると、彼女達こそ「日本らしいサッカー」を体現しつつある様に思う。

男子の場合は、想像を絶する程に世界との差は大きいので、「日本らしいボールポゼション」などと言っても世界の強豪相手では常時というわけにはいかない。それができたとしても何らかの理由で持たされているだけだ。自身のスローイングを自分達のボールにキープするのさえ難しいのだから。その様な状況下で結果を出そうと思ったら、とにかくフィールドプレーヤー全員が最後まで攻守にわたって走り切る体力が必要だ。それに加えて相手を徹底的に研究し、その為だけの選手を選び戦術を練る。勿論、グループリーグの試合のみを考えるしかない。

あ、これって先日解任された監督が考えていたことかな。コロンビアやマリは中心選手が決まっているから、もしかしたらという期待はあったのだが、結果が見られなくて返す返すも残念に思う。

とにかく誰が監督になろうが、協会のマネージメントが悪手だとすべての歯車が狂ってくる。西野監督がどのような形で試合に臨むのか興味があるところだが、今回のロシアW杯では前大会以上に日本の立ち位置がわかる大会となる気がする。



にほんブログ村


にほんブログ村

スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。