FC2ブログ

ロシアW杯より藍をこめて

サッカー日本代表・ロシアW杯への道程・藍は日本代表ユニフォームの色をイメージ
-

Act.9 【ロシアW杯の意味】


あるサッカー雑誌に、セリエAに所属するチームの戦術アナリストが日本代表をブラジル戦、ベルギー戦の2試合のみを見て分析したレポートが載っていた。

日本代表の攻守の特徴、弱点や長所など細かな指摘が書かれており、たった2試合でよく的確に分析できたものだなと感心した。特にボロボロにやられたブラジル戦などは普通に考えると日本の良い面など出る隙間も無かった様に思うが、そのブラジル戦においても日本のストロングポイントを見出していたのは流石である。プロの分析官というのはこういうものか。

結論を簡単にまとめると、「日本は独力で局面を打開し決定的な状況を作り出す絶対的なクオリティを持ったトッププレーヤーはいないが、組織的な戦術の遂行能力の高さはそれをかなりの部分まで補うレベルに達している。ブラジルやベルギーなどW杯でベスト8に残るレベルの強国に真剣勝負で勝つには、絶対的な個のクオリティが不足しているが、ヨーロッパや南米の中堅国が相手ならば互角に戦えるだけの力は備えているかもしれない。日本代表は攻守両面共に監督が与えた明確なコンセプトに従って、非常に良くオーガナイズされた好チームだ」、という事だそうだ。

監督を含めて割と高評価なのには驚いたが、残念ながら韓国戦以来、日本ではコンセプトを与える側のハリルホジッチ監督に対する前向きな評価が少なくなっている。それどころか解任論を唱える人も結構いる。それは当然と言えば当然だろう。日韓戦という最も負けたくない試合で、采配らしい采配は皆無。それに加えて「韓国はワンランク上」と、まるであの酷い内容を容認しているかの様な試合後のコメントだ。あまりに淡泊なので、もしかしたらW杯に向けて手の内を見せまいとする策略なのだろうか、とも考えてしまう。

中学生体育連盟が発表している各競技の生徒数は、2013年頃からサッカーが野球を追い抜いそうだ。日本サッカーの底辺は広がりを見せているのかと思わせるが、しかし子供の競技人口の推移をよく見ると、サッカーは野球を抜いたとはいえサッカーも2013年頃から野球と共に下降気味になっている。もはやバスケットやテニス、卓球人口と変わらない。一説によると、樹木保護や騒音防止の理由で、ボール遊びを禁止にしている公園が多くなったことが要因らしいが、やはり少子化の影響が一番大きいようだ。ある市場調査によると、卓球やバトミントン、テニスなど個人競技が国際大会で結果を出し始めていて、特に少子化が著しい地方では個人競技に生徒が流れ、チームを維持できずに野球やサッカーなどチームスポーツが廃部となる学校が続出しているという。

昨年引退した宮里藍がLPGAで優勝した時、ゴルフの打放し練習場へ行くとやたらに女子ジュニアが目に付くようになった。やはり、世界に通用する強い競技にこそ注目が集まるというものだ。もはやサッカーは「世界的人気のスポーツ」という事のみで才能ある子どもや金が流れ込んでくる時代ではない。強くなければダラダラと衰退する。ハリルホジッチ監督はアルジェリアで見せたようなサッカーを日本代表で再現してくれるのだろうか。来年のW杯の内容次第では、日本サッカーに厳しい冬の時代が到来するかもしれない。


にほんブログ村


にほんブログ村



スポンサーサイト
-

Act.8 【韓国は強かったが、あまりにも情けない内容だった】

●1日本 対 韓国4◯

ラモス瑠偉は得意の精神論を盛んに語っていた。確かに彼の言う通り、選手にはボールに食い付いて行く姿勢が足りないように見えた。何か縮こまっている。献身的なハードワークが日本らしさではなかったのか。見ていてそう言いたくなった。こういう時に鼓舞する長谷部の様な中心選手がいないのは痛いと思った。

しかし、残念ながらそこを差し引いても韓国の方が速いし運動量も豊富だし上手いし、その上、身体もデカかった。今回の韓国は強い。明らかに日本より格上だ。それほどの差を感じる試合だった。少し絶望的な気持ちになったので、途中から自虐的ギャグで韓国を応援したら4点目が入ってしまった。さすがに顔がこわばった。

とにかく速く前に、裏へボールを蹴り出すという単調な攻めの中で、日本らしいパス交換、丁寧なボール回しというキーワードが聞こえたが、パスサッカーを目指していた時でも日本は単調なサッカーになりがちだった。ハリルホジッチ監督が目指している縦に速い戦い方、堅守速攻は格上に対して有効であると思うが、現状の日本は堅守ではないし、プレッシャーが強いわけでもない。その上速攻が得意という程、攻撃のスピードは速くない。引かれて守られると成す術がないし、相手のプレッシャーが強いと受け身一辺倒になる。試合によって出来不出来の差が激しいのはコンディションの問題だろうか。

それにしても、ハリルホジッチ監督は試合後のインタビューで、「韓国の方がレベルが上だとわかっていた」と他人事のように言っていたが、その考えが選手にインプットされ、消極的なサッカーに終始させてしまったのではないだろうか。そう疑わざる負えないほど、あきれたインタビューだった。強いといっても韓国は極東アジアの一国に過ぎないのだ。

彼はブラジル大会でアルジェリア代表をグループリーグ突破に導いたが、その4試合の全てで異なる先発メンバーを組み、最終的には20人のフィールドプレイヤーのうち19人がピッチに立った。相手を徹底的に分析し、ストロングポイントを押さえるやり方でドイツさえ苦しめた。今回も、おそらくグループリーグで対戦する各国に対して膨大な情報を分析し、各々に対抗する「弱者の戦術」を練り、それに合った20人のフィールドプレイヤ―を選ぶのだろう。試合ごとに異なるメンバーだった今回の大会も国内選手を見る為の試合と捉えており、組織の練度を高めるものではなかった。おそらく監督はグループリーグをどう戦うだけで手いっぱいであり、今後の日本サッカーに何かを残す等という事は全く考えていないと思われる。

であるなら、どんなサッカーをやってもキッチリとグループリーグを勝ち抜いて欲しい。グループリーグを突破できなかった時に、「相手が格上なのはわかっていた」などと、自分の無能さをさらけ出すような愚にもつかない事はまさか言わないと思うが、たとえ負けても、もう少し監督としての責任ある言葉が聞きたいものだ。



にほんブログ村


にほんブログ村

-

Act7. 【ワールドカップ組合せ抽選会】

スペインが「ポッド2」に入って話題になったW杯組み合わせ抽選会が昨日行われ、日本はグループHとなった。

グループH : ポーランド、コロンビア、セネガル、日本

スペイン、ブラジルと同組になったら「死のグループ」どころか「即死のグループ」になるところだった。とはいえ、イングランドやメキシコ、ウルグアイ、クロアチアもポッド2なので、どのグループもポッド4の国には非常に厳しいことには変わりはない。

どうせやるならベルギーやドイツなどビッグな大物との試合を見てみたい気もするが、もしボロクソにやられてしまったら2018年の後半をずっと不愉快な気分で過ごすはめになるので、まあ日本にとって少しは可能性があるグループに入ったのかな、と考えることにした。

ポーランドはポッド1の国の中では一般的な印象が薄いかもしれないが、僕には昨年行われたユーロ2016を思い出させる。ポーランドは優勝したポルトガルと準々決勝で戦い、むしろ圧倒しながらもPK負けをした。その試合を見る限り、粘り強い堅実なサッカーでポルトガルを苦しめたタフなチームという印象がある。レバンドフスキばかりではない。昔のギリシャのように皆が献身的で良く走り、諦めない。ランキング7位は伊達ではないだろう。

ところで、ポーランドのスポーツ紙「プルゼグラド・スポルトウィ」は、日本を「アジア最高のチーム、アジアで日本よりも成功を収めている国はない」と高く評価し、強化プランや代表チームの現状などを詳細にレポートしていた様だ。

同紙は「グループの状況に関わらず、日本との対戦は我々にとってあまりにも簡単とみなすべきではない。彼らは常に自分たちのプレーを見せ、あらゆる面で最大限の集中を発揮する。武士道は日本で生まれ、文字だけではないサムライの古い手本だが、まだ文化や選手たちの態度に大きな影響を与えている。そこでは誇りが神聖なものであり、日本人が諦めることはない」と、日本の文化的背景に触れながら、侮れない相手であることを説いた。

困ったものだ。全く警戒しないで舐めてかかってくれた方が日本にとってチャンスが広がるのに、ここまでリスペクトされてはチャンスが全く無くなってしまうではないか。僕の理想は、レバントフスキに日本のDF陣を一人で突き破る鋭いパフォーマンスを見せてもらい、その上で日本が勝利することである。…ってそんな調子のいいことあるわけないか。

いずれにしろ日本が対等の試合をするには、スカウティングによる戦術が相手に勝った時だろう。2014年W杯のドイツ対アルジェリアを彷彿させるハリルホジッチ監督の手腕に期待したい。


にほんブログ村


にほんブログ村


該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。