FC2ブログ

ロシアW杯より藍をこめて

サッカー日本代表・ロシアW杯への道程・藍は日本代表ユニフォームの色をイメージ
0

Act.5 【技は力の中にあり】

キリンカップのハイチ戦。
前半20分過ぎまでハイチはただ成り行きを眺めているだけのように見えた。日本がボールを持ってもプレッシャーに行かないし守備はスカスカ。時差ぼけなのか実力なのか、ニュージーランドの方がよほど上に見えた。

ところが28分に1点を返すと、それで目を覚ましたように個人技で攻め立て、ついには2点差をひっくり返した。それは、日本がごちゃごちゃと緩いパスを回していたのに対し、ハイチは素早くFWにボールを入れ、個人の力で「ドン!」という感じだった。日本の方が細かいテクニックは上のように見えたが、点を取ってからのハイチは力強さと怖さがあった。まるで、細かい技が力でねじ伏せられたかのように感じた。極真空手の創始者、大山倍達氏が「技は力の中にあり」といった言葉を思い出した。パワーを伴わないテクニックなど意味がないのだろうか。とにかく日本には「力強さ」や「勝負強さ」などの「〇〇強さ」というものが足りない気がする。ハイチがベストコンディションなら、かなりやばい試合になったかもしれない。

気になったのはやはり相手に引かれたときだ。メンバーが変わってもそのあたりの問題は同じだった。攻撃のボキャブラリー不足。まあこれは今に始まった事ではないが、やはり個人で相手を跳ね飛ばすようなドリブル突破ができる選手が出現するのを待つしかないのだろうか。

それにしてもハリルホジッチ監督は何を怒っていたのだろう。試合後、「酷い試合」という言葉を盛んに口にしたが、スタメンのほとんどを入れ替え、今まで組み合わせたこともないメンツで戦ったのだから結果はある程度覚悟していたはずだ。いくら「使っていない選手を試す」といっても、全く変えてしまったのでは戦術の浸透も何もないのではないか。軸を変えずにサブを試すのが普通なのだろうと思うが。そういう意味では、ハリルホジッチ監督がこの試合で何をやりたいのかさっぱり分からなかった。新しい選手が2点取っただけでも収穫と見るべきか。まあ、世界一貧しいと言われている国が経済大国といわれている国にアウェーで引き分けたのだから、その国のサッカーと経済力は無関係だという事が証明されたことだけは確かだろう。

来月、ブラジル、ベルギー相手にどういう試合をするのか、少し怖くなってきた。



にほんブログ村


にほんブログ村



スポンサーサイト
-

Act.4 【W杯のアジア出場枠は増えるのだろうか】

香川真司はキリンカップのニュージーランド戦の後、「果たしてこれがワールドカップに向けて、何の意味のある試合なのか。ワールドカップを見据えるって意味では、こういうレベルはないと思う。」などと語っていたという。

香川選手の真意のほどはともかく、確かにW杯は世界の地域代表がしのぎを削るハイレベルなサッカーが見られる大会だ。勿論、欧州チャンピョンズリーグ等と比較するとサッカーの総合レベルという意味においては、プロクラブ同士が対決するCLの方が上かもしれない。しかし、国の代表はその国の選手のみで構成しなければならない為、その国の特徴を見る事ができる。したがって自分たちの特色を出しつつ少ない持ち駒で手強い相手にどのような戦い方をするかなど、見どころ満載である。

現在のところ既に出場を決めている国は開催国のロシア、ブラジル、イラン、サウジアラビア、日本、ベルギー、ドイツ、イングランド、スペイン、ナイジェリアなどであるが、まだの25枠が未決定である。

予選において最も厳しいとされているのは何といっても欧州予選だろう。ベルギーは組み合わせに恵まれた感もあるが、熱戦が続く欧州予選で早くも出場を決めた実力は前回のW杯以上かもしれない。

欧州予選は52チームが9グループに分かれて戦うが、各グループ首位の9チームが本大会出場決定となる。そして各グループ2位の9チームの中、上位8チームがプレーオフを行い、4チームが出場決定となる。強豪ぞろいの欧州にあってはしびれる戦いの連続だ。例えばスペインとイタリアは同じ組になっているが、この世界に名だたる強豪国でもどちらかがプレーオフに回ることになる。
各地域・大陸の出場枠数は各大陸連盟に加盟している国・地域の数と各大陸のサッレベルに応じて割り振られている。そのため、W杯での成績に応じて変動するのだが、現在の枠は、欧州・南米>北中米カリブ海・アフリカ・アジア>オセアニア、の順になっている。中でも圧倒的に人口が多いのはアジアとアフリカだ。

1998年のフランス大会後、AFCの会長が「南米は10か国しかないのに出場枠が半分の5もある。アジアは46の国と地域、人口も全人類の約半分もあるのに枠が2もしくは3しかないのは不公平だ。これが改善されないなら、アジアサッカー連盟はワールドカップに参加しない」とFIFAの会議上で猛然と抗議をしたことがあった。

しかし、これに対して南米から「南米は本大会に5か国出場したが、そのうち4か国がグループリーグを突破し決勝トーナメントに進出している。対してアジアは、4か国(日本、韓国、サウジアラビア、イラン)が参加したのに全てグループリーグで敗退している。レベルを無視した要求は受け入れられない。何もアジアが無理に参加しなくてもワールドカップの競技水準は保たれるだろう」と反論されてしまう。

実力を言われてしまうと、サッカー弱小国揃いのアジア諸国は「御説ごもっともでございます」と頭を下げるしかないだろう。例えば、世界中の国々を地域に関係なくランダムにいくつかの予選リーグに分けてしまうと、日本はおろか、アジア諸国のW杯出場のチャンスは一気に厳しいものになってしまう。

結局、FIFAは南米の出場枠を0.5削る代わりにアジアの出場枠を0.5増やすといった案を取り入れたが、ドイツ大会でAFC加盟国が1つもベスト16以上に進出しなかったことにより、アジアの出場枠が4.5から3.5に減らされるそうになった。ところが、AFCはオーストラリアがアジアに転籍したことをFIFAに訴え、4.5枠の維持が決まったそうだ。全くもって大甘な話だ。アジアにはアラブの大富豪がいて、巨大なマーケットが拡がっているからだろうか。

現在オーストラリアとシリアがプレーオフの最中だが(世界地図を見ると、この2国がどうして同じアジア地区なのか疑問はあるが)、オーストラリアがAFCに加盟してくれたおかげでアジア予選は随分と面白くなった。しかしそれでも、アジア枠が4.5ある現状はどう考えても甘すぎるように感じる。3.5枠程度に減らした方がアジアのレベルが上がって、将来的には良い結果に繋がるのではないか。「ドーハの悲劇」の時はたった2枠だったのだ。

例えば日本が初めてW杯出場を決めた「ジョホールバルの歓喜」の時のように3.5枠とすれば、各組の1位のみが無条件でW杯出場が決定し、2位になった国同士が残り1枠を決める事になる。これはしびれるだろう。しかし、しびれる事をやらないと全体のレベルアップは望めない。グループリーグで「2位でもOK」と欧州予選のように「2位では×」では全く取り組み方が違ってくる。1試合当たりのプレッシャーも高くなり、最終予選はさらに必死の取り組みが予想される。

このままでは日本にとってワールドカップ出場は常に安易な道となりかねない。いくら「アジア予選はそんなに甘いものではない」と口では言ってみても、心の中では皆「出場して当たり前」と思っているはずだ。何しろ4.5枠なのだから。この事は日本が世界のトップを望むなら、将来的に良い結果を生むとは思えない。

しかし経済原理が働く近代スポーツの最先端を行くサッカーにおいて、FIFAは巨大マーケットのアジアを邪険には出来ないだろう。したがって、どんなに結果が悪くても、枠を減らす可能性は皆無なのかもしれない。それどころか、むしろ増やす方向なのだろう。何しろ地球上の3人に1人は中国人とインド人で、2人に1人がアジア人なのだから。



にほんブログ村


にほんブログ村

-

Act.3【ボーオーラックホテルはFIFA幹部ご用達】

チューリッヒのボーオーラックホテルは五つ星の超高級ホテルだ。スイートルームの宿泊料は一泊数千ドルを下らない。アルプスの山々を望むチューリッヒ湖岸の広大な庭園に面しているが、金融中心部のパレード広場、有名なショッピング街のバーンホフ通りまで徒歩わずか数分という利便性も併せ持っている。数々の賞に輝いた2つのレストランやメンバー制のクラブを有しており、滞在中はバレーパーキング、リムジンサービス、1日2回もの清掃サービス、24時間対応のコンシェルジュサービス、ガレージでの車の修理や洗浄の利用が可能で、リクエストに応じて医療マッサージや理学療法の提供もあり、そのサービスの充実ぶりは一流の中でも別格なホテルである。宿泊したセレブの評判もネットで見る限り誉め言葉であふれている。

2015年5月、FIFA幹部が10人以上収賄容疑で逮捕されるという大スキャンダルが起こった。この一大逮捕劇は、FIFA幹部がボーオーラックホテルに宿泊しているときに行われた。やはり金満FIFAの幹部ともなれば、この様な高級ホテルを利用するのは常の様だ。逮捕された幹部がパトカーに乗り込むときも、ホテルのスタッフが真っ白で糊のきいたシーツをカーテンのように広げて報道陣の目からFIFA幹部を守り、そのサービスぶりを発揮したものだ。

ところで、ロシアワールドカップはケチの付き通しという印象がある。

近年ロシアと言えばウクライナ問題を思い起こすが、ロシアと対立する反露意識の強い一部の欧米西側諸国にはロシア開催に反対する意見が根強く、ウクライナ問題をきっかけにボイコット話が持ち上がり、ロシア開催の雲行きが怪しくなったことがあった。
それが落ち着いたと思ったら、今度はこの大スキャンダルだ。この逮捕劇のおかげで2018年のロシア大会の決定過程にも疑惑の目が向けられ、ロシアが2018年にワールドカップの開催国になれるかどうかが微妙な雰囲気が漂った。通常、開催国決定に関して最も影響力のあるのはFIFA視察団が立候補国を現地調査して提出するレポートだそうだが、2018年開催国決定のためのレポート評価はロシアが全体で2番目に低く、さらに2018年の4候補の中では最下位だった事もこの疑惑に拍車をかけた。

この逮捕はアメリカ主導で行われたが、プーチン大統領は露骨に不快感を表し、アメリカによる逮捕は国際法違反ではないかと批判した。ワールドカップに向けてのスタジアム建設やインフラ整備のコストは莫大だ。現在、クリミア問題で西側諸国から経済制裁を受けエネルギーの輸出価格も下落傾向にあるロシア経済は、あまり良好とは言い難い。よって、ワールドカップによる投資や観光客の増大に期待しているわけだが、これに横槍を入れられるのは我慢がならないだろう。ましてやウクライナ問題で対立しているアメリカにそれをやられるのは、奴らの陰謀か?と勘繰りたくもなるだろう。

アメリカの当局が外国籍を持つ人物を起訴する場合、被疑者の犯行がアメリカと関連していることを証明する必要がある。今回の事件の場合、賄賂の受け渡しやマネーロンダリングなどが全てアメリカ国内で行われていた為、それはスムーズに行われたそうだ。まあアメリカにとってみれば、2018年や2022年のワールドカップがどうなろうと何の痛手にもならないので。

我々には真相のほどを知る由もないが、W杯誘致には絶えず大金が飛び交うキナ臭い噂や政治的な生臭い話が飛び交うものだ。巨額マネーが動く世界では色々な思惑が働くのは道理だろう。しかし、今まで大会ボイコットなど致命的なことにならなかったのは、基本的には皆サッカーが好きであり、裏でウインウインの解決を模索したからなのだろうか。

ワールドカップを身近で見たいのはどの国も同じだろう。とにかくワールドカップそのものを盛り下げる本末転倒な行為だけは避けてほしいものだ。



にほんブログ村


にほんブログ村

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。