FC2ブログ

ロシアW杯より藍をこめて

サッカー日本代表・ロシアW杯への道程・藍は日本代表ユニフォームの色をイメージ
-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-

Act.22  【スイス戦は「歴史は繰り返す」の前哨戦なのだろうか】

田嶋会長は「西野監督のやりたいサッカーが見えてきた」と言っていた。確かにそうかもしれないが、それは4年前と同じに見えた。ブラジル大会で世界に粉砕されたサッカーの復活である。まあ「日本らしいサッカー」と言えば日本らしいが。

攻撃に関しては、相手のペナルティエリア付近までボールは運べるものの、そこに来ると急にスピードが落ちる。せっかく勢いよく前線まで来たのに何故か仕掛けない。ボールを後ろに戻す。あるいは無理なパスや精度の低いクロスでボールロストを繰り返し、カウンターの餌食となる。結局、皮肉なことに相手ゴールに近づけば近づくほど得点の匂いから遠ざかる感じを受けてしまう。これらは「形は出来ているが、あとは決定力」というものとは異なる質の問題だと思う。

守備に関しての弱点はボランチとGK。GKは以前から指摘されていたことだ。ボランチの場合、世界を相手にしたときに求められる重要な要素は守備力だと思う。日本の様な弱小国の場合、守備力が高い闘将というべきボランチが必要だ。日本代表の特性を考えると、岡田ジャパンの時の様なアンカーを置く守備的なやり方しかないのかもしれない。

「後ろで守るサッカー(守備的サッカー)は非効率的。ほぼ世界的にそういう認識で一致している。弱者は後ろで守りたがるが、後ろで守っていたら逆に危ないのだ。」という意見もあるが、世界に出ると日本の場合は「だって、前から行こうと思っても、あいつら身体が強くて上手いから押し込まれちゃうんだもん」という事になる。

スイス戦の前にBSで1970年メキシコ大会の準決勝「イタリア対西ドイツ」を放映していた。試合場が高地でシーソーゲームだった為、「アステカの死闘」と呼ばれているらしい。この頃のサッカーはマンツーマンが基本であった様だ。攻撃の時はセンターバックがシュートを打つ場面も頻繁にあり、どちらかというと個の自由に任せていた部分が多かった。要するに個の力が発揮されるサッカーだ。

前半だけ見ると、日本対スイス戦の方が攻守にわたって格段にスピードがあったように思う。ところが、終盤、西ドイツが1点を追う展開になってから突然攻撃にスピードが増し、試合が激しくなった。結局後半44分にドイツが同点とし、延長戦になるのだが、驚くべきはその走力、体力だ。延長戦を合わせると実に120分もの試合になったが、イタリア選手も西ドイツ選手も最初から最後まで走りまくっていた。アステカという高地でしかも5試合目である。試合が終わった後も10キロは走れるのではないかと思ってしまう程の体力だ。

「この時代、ドリブルができない選手はおそらくレギュラーに選ばれなかったのだろう」と解説者が語っていたが、まさに「個人技」対「個人技」、「力」対「力」、「体力」対「体力」、「精神力」対「精神力」等々、互いに「個の力」で押し切ろうとするガチンコサッカーだった。しかしこれはこれで見ていて面白い。というか、なんだかサッカーの原点を見たような気がした。現代サッカーが戦術的であるにせよ、こういうものが彼ら、つまり欧州や南米のサッカー選手達の土台に埋め込まれているのだろう。まさに「技は力の中にあり(空手家・大山倍達:談)」だ。結局、日本が攻め切れないのも、そういったものが少なからず関係していると思う。

ところで、世界の名将でフィジカルが弱いチームを率い、W杯で素晴らしい成績を残した監督はいるのだろうか。世界でもサッカーでフィジカルが弱そうなのは東アジアの日本と東南アジア諸国に限られるから、いるわけないか。スイスの監督(サラエボ出身のクロアチア人)は「彼がここにいないことが残念でならない。去年の12月、モスクワで会ったときに今回の試合について話をした。彼は非常に優秀な監督だ。今後の活躍を期待したい」と語っていたそうだ。「彼」というのはハリルホジッチの事だ。このマッチメイクはハリルのコネによるものなのだろうか。とにかく残念なのはこちらも一緒。どうせ負けるのなら、1%でも2%でも今までの日本のしがらみに拘らない、新しい形の代表をW杯で見たかった。なにも優勝を求めているわけではないし、まだまだ先は長いことは分かっている。もしかしたらW杯ベスト4など永遠に来ないのかもしれない。妙なポジティブ思考はバカっぽく聞こえるだけである。であるなら、その長い時間の中で変わったやり方での代表もあって良いはずだ。

まあとにかく、今はスイス戦が本番に向かっての、まさかのフェイク試合であることを祈るばかりである。



にほんブログ村


にほんブログ村

スポンサーサイト
-

Act.9 【ロシアW杯の意味】


あるサッカー雑誌に、セリエAに所属するチームの戦術アナリストが日本代表をブラジル戦、ベルギー戦の2試合のみを見て分析したレポートが載っていた。

日本代表の攻守の特徴、弱点や長所など細かな指摘が書かれており、たった2試合でよく的確に分析できたものだなと感心した。特にボロボロにやられたブラジル戦などは普通に考えると日本の良い面など出る隙間も無かった様に思うが、そのブラジル戦においても日本のストロングポイントを見出していたのは流石である。プロの分析官というのはこういうものか。

結論を簡単にまとめると、「日本は独力で局面を打開し決定的な状況を作り出す絶対的なクオリティを持ったトッププレーヤーはいないが、組織的な戦術の遂行能力の高さはそれをかなりの部分まで補うレベルに達している。ブラジルやベルギーなどW杯でベスト8に残るレベルの強国に真剣勝負で勝つには、絶対的な個のクオリティが不足しているが、ヨーロッパや南米の中堅国が相手ならば互角に戦えるだけの力は備えているかもしれない。日本代表は攻守両面共に監督が与えた明確なコンセプトに従って、非常に良くオーガナイズされた好チームだ」、という事だそうだ。

監督を含めて割と高評価なのには驚いたが、残念ながら韓国戦以来、日本ではコンセプトを与える側のハリルホジッチ監督に対する前向きな評価が少なくなっている。それどころか解任論を唱える人も結構いる。それは当然と言えば当然だろう。日韓戦という最も負けたくない試合で、采配らしい采配は皆無。それに加えて「韓国はワンランク上」と、まるであの酷い内容を容認しているかの様な試合後のコメントだ。あまりに淡泊なので、もしかしたらW杯に向けて手の内を見せまいとする策略なのだろうか、とも考えてしまう。

中学生体育連盟が発表している各競技の生徒数は、2013年頃からサッカーが野球を追い抜いそうだ。日本サッカーの底辺は広がりを見せているのかと思わせるが、しかし子供の競技人口の推移をよく見ると、サッカーは野球を抜いたとはいえサッカーも2013年頃から野球と共に下降気味になっている。もはやバスケットやテニス、卓球人口と変わらない。一説によると、樹木保護や騒音防止の理由で、ボール遊びを禁止にしている公園が多くなったことが要因らしいが、やはり少子化の影響が一番大きいようだ。ある市場調査によると、卓球やバトミントン、テニスなど個人競技が国際大会で結果を出し始めていて、特に少子化が著しい地方では個人競技に生徒が流れ、チームを維持できずに野球やサッカーなどチームスポーツが廃部となる学校が続出しているという。

昨年引退した宮里藍がLPGAで優勝した時、ゴルフの打放し練習場へ行くとやたらに女子ジュニアが目に付くようになった。やはり、世界に通用する強い競技にこそ注目が集まるというものだ。もはやサッカーは「世界的人気のスポーツ」という事のみで才能ある子どもや金が流れ込んでくる時代ではない。強くなければダラダラと衰退する。ハリルホジッチ監督はアルジェリアで見せたようなサッカーを日本代表で再現してくれるのだろうか。来年のW杯の内容次第では、日本サッカーに厳しい冬の時代が到来するかもしれない。


にほんブログ村


にほんブログ村



0

Act.5 【技は力の中にあり】

キリンカップのハイチ戦。
前半20分過ぎまでハイチはただ成り行きを眺めているだけのように見えた。日本がボールを持ってもプレッシャーに行かないし守備はスカスカ。時差ぼけなのか実力なのか、ニュージーランドの方がよほど上に見えた。

ところが28分に1点を返すと、それで目を覚ましたように個人技で攻め立て、ついには2点差をひっくり返した。それは、日本がごちゃごちゃと緩いパスを回していたのに対し、ハイチは素早くFWにボールを入れ、個人の力で「ドン!」という感じだった。日本の方が細かいテクニックは上のように見えたが、点を取ってからのハイチは力強さと怖さがあった。まるで、細かい技が力でねじ伏せられたかのように感じた。極真空手の創始者、大山倍達氏が「技は力の中にあり」といった言葉を思い出した。パワーを伴わないテクニックなど意味がないのだろうか。とにかく日本には「力強さ」や「勝負強さ」などの「〇〇強さ」というものが足りない気がする。ハイチがベストコンディションなら、かなりやばい試合になったかもしれない。

気になったのはやはり相手に引かれたときだ。メンバーが変わってもそのあたりの問題は同じだった。攻撃のボキャブラリー不足。まあこれは今に始まった事ではないが、やはり個人で相手を跳ね飛ばすようなドリブル突破ができる選手が出現するのを待つしかないのだろうか。

それにしてもハリルホジッチ監督は何を怒っていたのだろう。試合後、「酷い試合」という言葉を盛んに口にしたが、スタメンのほとんどを入れ替え、今まで組み合わせたこともないメンツで戦ったのだから結果はある程度覚悟していたはずだ。いくら「使っていない選手を試す」といっても、全く変えてしまったのでは戦術の浸透も何もないのではないか。軸を変えずにサブを試すのが普通なのだろうと思うが。そういう意味では、ハリルホジッチ監督がこの試合で何をやりたいのかさっぱり分からなかった。新しい選手が2点取っただけでも収穫と見るべきか。まあ、世界一貧しいと言われている国が経済大国といわれている国にアウェーで引き分けたのだから、その国のサッカーと経済力は無関係だという事が証明されたことだけは確かだろう。

来月、ブラジル、ベルギー相手にどういう試合をするのか、少し怖くなってきた。



にほんブログ村


にほんブログ村



該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。